スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立川水仙郷

立川水仙郷に行ってきました。
淡路島のほぼ中央にあります。
洲本ICからクルマでしばらく県道を走り、淡路島独特の丘陵地をクネクネと登っていくと20分くらいで到着。
水仙郷入口には、なにやら怪しい看板が・・・。
まさかここが入口ではないだろうと一旦は通り過ぎ、再び入口らしきところへUターン。

すると小屋からおじさんが出てきて
「おひとり500円です。」
「えっ!・・・ひとり500円ですか?」
モミジ(妻)と顔を見合し、
「普通は一台500円ショッ」と心の中で叫びながら、ニコリと余裕を見せて
「ハイ、1000円」
「これ水仙まんじゅうです。おみやげ売り場で売ってますから良ければ!」
とちっちゃな2個の饅頭を差し入れてくれました。
『お~~敵もなかなかやるの~』

水仙郷はど~も公営ではなく、個人経営のようです。
IMG_1009.jpg   IMG_1034.jpg
なので来る途中、道路に看板らしい看板もなく、駐車場入口から水仙郷に下りる道も、クルマがねじれて平行四辺形になりそうなデコボコ道。
『こうなりゃモトを取るしかないっ!』と写真を撮らないモミジの分まで写真を撮って撮って撮りまくり・・・。
幸いにもお天気が良く、青空に映えるキレイなスイセンが撮れました。
IMG_1030.jpg

ヨシヨシと液晶モニターでスイセンを楽しんでいると、もうお昼時!
『うまいもんでも喰って帰るかっ』と、
IMG_1062.jpg   IMG_1056.jpg  IMG_1007.jpg
洲本市内のレトロなレストランで淡路牛の陶板ステーキを頬張りました。

奮闘木的には、レストランの近くにあったユーカリの大木が印象的でした。
コアラがいても不思議ではない大きな木で、大手繊維メーカの敷地に植えられていたようです。
周辺のレンガ造りの建物とユーカリの大木に歴史を感じます。ここの50年前、100年前はどんな様子だったのか・・・。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

プロフィール

 ブ ナ

Author: ブ ナ
・自然とビール好きの会社員
・雑木林に憧れて
  里山の風景を作っています。
・O型 乙女座 戌年

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。